ギャンブルの面白い歴史

日本文化において、賭け事や運を試すゲームの起源は、紀元8世紀にまで遡ります。奈良時代(710〜794年)の初期、日本人は中国文化の強い影響を受けて、ギャンブルと出会いました。歴史家によると、日本に最初に登場したのは「盤双六」というボードゲームで、内容は現在のバックギャモンによく似ているそうです。 

評判が評判を呼び、盤双六は瞬く間に当時一番の人気を獲得しました。その人気は何世紀にもわたって維持され、中世に入るまで続きました。17世紀になり、西洋を含む外国の貿易船がこれまでにない規模で来航するようになると、交易によりさまざまな西洋の文物がもたらされました。こうした珍しい品物と交じって、新しいギャンブルゲームもいくつか輸入されました。それ以来、ギャンブル人気は急上昇を続けています。

古代に遡るルーツ

西暦720年に書かれた「日本書紀」全31巻の中には、天武天皇が好んで遊んだという「盤双六」の記述があります。天武天皇は、周囲の人々にゲームのルールを学ばせ、自分と勝負するようせがみました。その数十年後、妻の持統天皇は盤双六の禁止を決定しました。これが、世界初の公式なギャンブル規制です。その後、何度か規制内容は変更されましたが、盤双六の人気は衰えませんでした。

平安時代、京の都ではギャンブルが大人気になっていました。闘鶏(とうけい)、競馬、カードゲームなどの新しい賭け事が登場し、京の街中では大勢の庶民が興じていました。これがギャンブラーにとっては当時の黄金時代だったと言えます。武士の時代が到来して以後、江戸時代には賭博で捕まれば死刑になるなど、誰も予想できなかったでしょう。

パチンコ店 

現代遊ばれているギャンブルゲームの大半は、20世紀初頭に日本に伝来しました。そして、日本独特のパチンコ店が初めて登場したのもこの頃です。パチンコ店は日本全国津々浦々、駅前などに必ずといっていいほど存在していますよね。パチンコ店は海外の人にとってはちょっと珍しい存在のようです。ギャンブルが禁止されている国でもパチンコは問題ないのですからね。一方、現代でもギャンブルを規制する法律は頻繁に変更されており、法を犯したくなければ、プレイヤーは常に最新の情報を入手しておく必要があります。 

インターネットの登場 

テクノロジーの急速な発展と超高速インターネットの登場によって、リビングに居ながらにしてギャンブルができるようになりました。最近では世界中の多くの人がスポーツ賭博サイトやオンラインカジノでギャンブルを楽しんでいます。これらのサイトでは、最高品質のゲームが豊富に用意されているほか、モチベーションを高めるため様々なボーナスやお得な企画が行われています。公式の統計によると、ポーカー、ブラックジャック、ルーレット、バカラといった伝統的なカジノゲームが、現在は最も人気があるようです。今や、ギャンブルを始めるのに必要なのは、パソコンかスマホ、そして安定したインターネット接続だけです。アプリをよく調べて選べば、初回入金ボーナスがもらえて有利に遊べる場合もあります。